お知らせ

  1. ホーム
  2. 配筋勉強会を実施しました

2016年

お知らせ

配筋勉強会を実施しました

2016年10月05日

RC造(鉄筋コンクリート構造)の建物では、構造のメインとなる鉄筋工事の施工精度が大変重要となります。

社内若手社員の技術力アップのため勉強会を実施しています。

福岡支店に於いて、10月3日と4日で机上講習を行った後に得た知識を持って現場で実際に配筋検査実習を行いました。

福岡支店の総合所長および本社建築本部の構造設計一級建築士が講師となり、現場の配筋検査実習では鉄筋業者さんにも立会ってもらい実施。

各自、構造図を片手に、講師からの検査のチェックポイントの説明を受けながら検査実習を実施いたしました。

かぶり寸法をはじめ、継手の位置、定着の長さ、2段筋の位置、補助鉄筋の有無等の検査が順次行われました。

若手社員は曖昧に理解していた部分の説明を受け、理解を深めました。


講師による中子スターラップ結束の説明


大梁端部主筋の長さをスケールで測定


講師によるスラブ筋受けの補助鉄筋の必要性の説明