N-Wave VOL.116
12/28

11PROFILE宮後 浩・Hiroshi Miyago1946年 大阪府生まれ。デザイナー・芸術学博士。日本パーステック協会理事長。株式会社コラムデザインセンター代表取締役。コラムデザインスクール学長。瑞宝単光章叙勲受章者。手描き建築パース制作の第一人者。9年前には全国初の建築パースでの博士号を取得。うだつの上がる町並み〈作品1〉宮後 浩 画散歩道懐かしい風景街を歩いていて、ふと、どこか懐かしい風景に出会うことがあります。目まぐるしく移り変わっていく街並みの中に残っている歴史ある建物を再発見するコーナーです。今回は、岐阜県美濃市で見つけた風景を、株式会社コラムデザインセンター代表取締役 宮後浩氏に描いていただきました。岐阜県美濃市の中心街にある「うだつの上がる町並み」。風格ある商家が立ち並ぶ様子は、かつて和紙の取引によって隆盛を誇った城下町のにぎわいを感じます。「うだつ」とは、火災のときに隣家への延焼を防ぐため、屋根の両端を一段高くしてつくられた防火壁のことです。町が発展するに従い、実用的なものから豪華さを競うものになっていきました。商家の富の象徴として作られ、家ごとにそれぞれ個性ある装飾が施されており、時代によっても意匠が変わります。うだつは裕福な家しか作ることができなかったため、ぱっとしない、出世しないという意味で使われる「うだつが上がらない」という言葉は、ここから来たと言われています。この地はかつて上こう有ず知ちと呼ばれ、戦国大名、金森長近が治めていました。飛騨の高山城を築き、城下町を作ったことで知られる金森は、関ヶ原の戦いにおいて加増された上有知にも、同様に小倉山城と城下町を作りました。400年を超えてその姿を残すうだつの上がる町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。著書紹介「景観スケッチのコツ」 学芸出版社 発行「スケッチパース ツボとコツ」  秀和システム 発行「パーステック」 学芸出版社 発行「魅せる! 実践CADパース」 学芸出版社 発行「アクティブパース」 学芸出版社 発行「宮後浩の超簡単! プレゼンテクニック ─“住まい”イメージを見せる極意 大型本」 学芸出版社 発行 他多数岐阜県 美濃市

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る